ドクターケシミーは妊娠中や産後や授乳中にも使える?注意点について!

妊娠中や授乳中は、普段と違ってさまざまな体調の変化が起こりやすいものです。

 

頻繁に眠気に襲われたり、むくみが気になったりするなどの変化より、多くの人に起きやすいのが、「肌トラブル」です。

 

そんな肌荒れですが、出産してから一息つく間もなく怒涛の育児生活がスタートします。

慣れない育児を必死にがんばる中、ふと自分の顔を見てみると肌はボロボロ…。

 

そんな時間のない生活の中でもしっかりと、しかも簡単にスキンケアをしたいですよね。

そんなあなたに「ドクターケシミー」をおススメします!

 

しかし何かと敏感な時期なので心配事もまりますよね。

 

そこで今回は、【ドクターケシミーは妊娠中や産後や授乳中にも使える?注意点について!】まとめてみたいと思います!

私がドクターケシミーを自腹で買ってガチレビューした結果はこちら…!!
公式サイトはこちら

ドクターケシミーとは?

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

ドクターケシミーとは、皮膚科医が認めた美白やシミ対策に効果がある白オールインワンジェル」です!

皮膚科医が認めているということもあり、なんと、使った方の満足度は“97.8%”です♪

 

とても高い評価がされているので、とても魅力的ですね!

ドクターケシミーは、「医薬部外品」として医学誌にも掲載されるほど、その効果は立証されています。

 

そんな有効な成分が配合されているドクターケシミーは、あれもこれも付ける手間いらずのオールインワンになっているので 、時間がない子育て中でもパパっとスキンケアをすることが出来ます♪

 

化粧水すけて、乳液つけてとなにかと手間がかかるイメージのあるスキンケアですが、ドクターケシミーなら簡単です!

しかし、妊娠中や授乳中の肌は普段とは違って様々なトラブルが起きやすくなっています。

 

そのような状態なのか、詳しく見ていきましょう。

妊娠中の肌荒れとは?

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

妊娠中は、特に肌荒れが起きやすいですよね。

 

なぜ妊娠中は肌荒れが起きやすいのかというと、妊娠中は、ホルモンバランスが変化するため、お肌の状態も通常より敏感で変化しやすくなるのです。

 

その変化の仕方は人によってさまざまで、肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなったり、プロゲステロンの影響によりメラニン色素もできやすくなるため、紫外線によるダメージに対しても弱くなります。

 

それだけでなく妊娠すると、つわりで充分な食事がとれず栄養が偏ってしまったり、便秘になってしまったりすることで、栄養不足や老廃物の滞留による肌荒れも起きやすくなります。

 

そんなときこそ、適切なスキンケアが大事になってきます!

産後や授乳中も肌荒れする?

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

妊娠中だけでなく、産後はさらに大きくホルモンバランスが変化します。

それに加えて、ママの体の水分は母乳に優先的に使われて、肌への水分は後まわしになります。

 

まら、授乳をすることで常に寝不足になり、慣れない育児によるストレスや疲労もどんどん溜まります。

これだけの原因があれば、産後に肌荒れを起こしやすいのも納得できますよね。

 

そんな肌荒れをおこしてしまてっていても、自分のスキンケアをする時間がなかなか取れないのが、育児悩みの一つでもありますね(´;ω;`)

肌の状態に合わせたケアを選ぶ

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

妊娠中や授乳中に起こる肌トラブルは、人によって異なります。

 

そのため、それぞれの肌の状態に合わせたケアを行うことが大切になりますが、どのようなケアが必要なのかを見極めましょう。

妊娠中や授乳中のケアのポイント!
  • 簡単ステップでケアが完了する
  • 肌なじみがいい
  • そのまま赤ちゃんのお世話ができる

妊娠中や授乳中はとにかく自分の「時間」がなかなかとれなくて貴重になってきます!

そこで化粧水をして、美容液をして、乳液からのクリームなんて多くのアイテムを使うケアをするのは大変です。

 

そこで、おすすめするのはオールインワンタイプのケアです!

ドクターケシミーはオールインワンタイプなので、とても便利です。

 

また、香料が強いものや肌馴染みしにくいものは、そのままの手で赤ちゃんに触れられないなど、困ってしまうので、肌馴染みの良いものに限ります!

 

さらに、妊娠中や授乳中は“刺激に敏感”になっています。

今まで使っていた化粧品でさえ、刺激を感じることもあるかもしれません。

 

それは、お肌が敏感に傾いている時なので、刺激の少ないケア商品を選ぶようにしましょう。

ドクターケシミーの公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!

ドクターケシミーは妊娠中や授乳中も使えます!

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

ドクターケシミーは、これ1つで7役をこなす美白・抗シワオールインワンジェルです。

その7つの役割とは、

ドクターケシミーの7つの役割!
  1. 化粧水
  2. 乳液
  3. クリーム
  4. アイクリーム
  5. 美容液
  6. パック
  7. 化粧下地

なので、“時短”になります。

 

これだけ多くの役割を一度になぜ果たせるのかというと、ドクターケシミーに配合されている3大美白有効成分にあります!

3大美白有効成分!
  • プラセンタ
  • グリチルリチン酸2K
  • セラミドヒアルロン酸

これらの美白成分が贅沢に配合されているので、お肌を保湿してシミの原因となるターンオーバーの乱れを正常化し、妊娠や産後の授乳による肌トラブルに効果が期待できます。

 

また、妊娠中や授乳中の敏感肌でも使えるように、ドクターケシミーは下記の7つの刺激成分は無添加で作られています。

7つの無添加!
  • エタノール
  • パラベン
  • 旧表示指定成分
  • 石油系界面活性剤
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤

なので、安心して使うことが出来ます!

ドクターケシミーを使用する時の注意点について!

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

妊娠中や産後の授乳中は、特に肌が敏感になっている状態です。

なので、肌への刺激は出来るだけ最小限にする必要があります!

 

そこで、ドクターケシミーをお肌に塗る時は、摩擦をなるべく抑えるように、擦るような塗り方は避けましょう!

すりこむように塗ると、その分お肌への負担が大きくなってしまってシワの原因などにもなってしまいます。

 

ドクターケシミーを使う時は、肌に優しくゆっくり浸透させるようにしましょう。

また、使用量は気になる部分には適量の1.5~2倍の量を塗るようにするのがおすすめです。

ドクターケシミーは妊娠中や産後や授乳中にも使える?注意点について!のまとめ

ドクターケシミー 妊娠中 産後 授乳中 使える 注意点 ついて

ドクターケシミーは妊娠中や産後や授乳中にも使える?注意点についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

スキンケアの商品は、今数多く販売されています。

 

刺激の強いものや数段階に分かれている商品、キツイ香りのするものや、お肌に合わないものまで、自身の肌に合ったスキンケアを使うことがまずは大事になってきます。

 

後は、使いやすさです!

 

効果はもちろんですが、時間がない育児が始まると、「スキンケアにかける時間がなかなか取れない」なんてことも多くなります。

 

でも、そのまま肌荒れを放置するのは出来ませんよね!

そこで、美白やシミ対策に効果のあるドクターケシミーを使ってみてください。

 

お肌にしっかり浸透して、簡単に優しく肌ケアをしてくれるので、妊娠中でも授乳中でもサポートしてくれます(^^)v

スキンケアをして、肌荒れ知らずでこの時期を乗り切りましょう。

 

私がドクターケシミーを自腹で買ってガチレビューした結果はこちら…!!
↓今なら通常7,388円が3,685円!!(送料無料!!)↓

ドクターケシミーの公式サイトで詳しい効果や口コミを確認する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です